history日誌

タグ:その時歴史が動いた



1 暗黒の木曜日


 今日は1929年の暗黒の木曜日のお話です。アメリカの経済はうんと悪くなり、それは世界中に波及しました。そして日本とドイツにファシズムが台頭するようになりました。

とはいえ暗黒の金曜日が起きるちょっと前まではアメリカの景気はものすごく良かったのです。株を買うことがブームになって、借金をしてまで株を買う人がいたほど。80年代の日本のバブルや最近のサブプライム問題に似ているなと思いました。

ちなみに経済学者のケインズはこの暗黒の木曜日について次のように述べております。


グローバルでかつ個人主義的な資本主義は成功ではなかった。それは知的でなく、美しくなく、公正でもなく道徳的でもない、そして善をもたらさない。だが、それ以外に何があるかと思うとき非常に困惑する。



この暗黒の木曜日以降、損をする人がたくさんいたのですが、例外的に二人の相場師はこの暗黒の木曜日にも拘わらず大儲けをしたのです。その人の名はジョセフ・ケネディとジェシー・リバモアの二人ですです。



2 ケネディ大統領の父



_1938

ジョセフ・ケネディ

ジョセフ・ケネディとは、あのケネディ大統領のお父さん。顔写真みたけれど、やはり似てるわwこの人の本職は実業家なのですが、相場師もやっていたようです。もうけるのはかんたんだ。法律で禁止される前にやれば良い。」というのが彼のポリシーで結構アクドイことをしたようです。そのためジョセフ・ケネディのことをうらんでいた人も少なくなかったそうです。

3 ジェシー・リバモア

ジェシー・リバモア

この人の武器はその情報力です。各国の株の相場の情報を随分集めていて、さらに「空売り」をして大もうけをしたそうです。僕は株のことはよく知らないのですが、株の値が下がったところで「空売り」をすると儲かるそうですね。ちなみに、暗黒の木曜日の大暴落のときも、この人は大変な大もうけをしたそうです。なんでも1億ドル以上の利益をあげたとか。


4 二人の明暗

 実は二人とも、いづれ株が大暴落を起こすことを事前にわかっていたそうですね。本当かウソか知らないけれど、ジョセフ・ケネディはくつみがきの少年が株の話しをしていて、それを知ったとか。

しかし、暗黒の木曜日を発端とする大不況は二人の人物の明暗をわけました。ケネディのほうは、相場の世界から身をひき、実業界に専念しました。

さらに、ジョセフ・ケネディは政界にまで進出しました。まさに勝ちっぱなしの人生でした。

「ふん、あやかりたいものだねw」と言いたいところですが、その彼のツケはケネディ大統領ら子供達の代に回ってくるのですが・・・

一方のリバモアは1934年ごろに破産をし、一人さびしくピストル自殺をしました。リバモアの残した遺書にはこのように書かれていたといいます。「どうしようもない。事態は悪くなるばかりだ。私は戦うのに疲れた。もう続けていけない。私にはこれしか方法がない。私は君の愛には値しない。私は失敗者だ。本当にすまないが私にはこれしか方法がないのだ」と・・・


ちなみに彼が死に際して残した信託と現金は500万ドルにのぼっていたといいます。

※ 参考 

「その時歴史がうごいた」
「新・映像の世紀」

ウィキペディア


汝の父の罪―呪われたケネディ王朝
汝の父の罪―呪われたケネディ王朝
クチコミを見る


マンガ 伝説の相場師リバモア (ウィザードコミックス) (ウィザードコミックス)
マンガ 伝説の相場師リバモア (ウィザードコミックス) (ウィザードコミックス)
クチコミを見る

※ この記事は「その時、歴史が動いた」を参考にして書きました。


1 本題に入る前に

本題に入る前にちょっと豆知識を。

戦後間もないころは、広島と長崎の原ばくでたくさんの犠牲者ぎせいしゃを出したことを多くの日本人は知らなかったそうです。

意外ですよね。

なぜならば、当時日本を支配していたGHQが自分達にとって都合の悪い情報をチェックしていたから。GHQにとっても原ばくを二つも落としたこと、その犠牲者ぎせいしゃの多さは、どうしてもかくしておきたかったのでしょう・・・

日本人の多くが広島、長崎の悲劇を知ったのは昭和三十年前後でしょうか。

2 水ばく実験
しかし、1954年のビキニ沖での水ばく実験で、近くにいたの第五福竜丸(だいごふくりゅうまる)の乗組員も被ばくしました。その被ばく者達の姿がマスコミで取り上げられ、多くの日本人はビックリしたのです。しかも、核実験かくじっけんが何度もやったので、放射能ほうしゃのうを浴びた魚が出てきたそうです。

それで、魚屋で魚が売れなくなったり、おすし屋さんが閉まったりしたそうですね。僕なんか、”おすし”とか魚料理が大好きだから、そうなったらショックです。

そして、放射能ほうしゃのうをふくんだ雨までが日本各地に降り注いだそうです。おそろしい話です。



DSC_1873
DSC_1878
DSC_1879

(いづれも本物の第五福竜丸だいごふくりゅうまる

DSC_1875

(第五福竜丸のミニチュア)

3 立ち上がった主婦達
 放射能におびえる日々にガマンが出来なくなった主婦達が立ち上がり、署名運動を行うようになりました。

そうした動きは全国的に広がり、1955(昭和30)年8月6日広島で第1回原水ばく禁止世界大会が開かれ、実にたくさんの署名が集まりました。その署名は日本国内だけでなく、世界各国からも集まったそうです。

立ち上がった主婦たちは、特定の政党に入っているわけでもなければ、団体に入っている人でもありません。ふつうの主婦が立ち上がった運動が世界に広がったことがすごいと思います。

以前、「その時歴史が動いた」はマザー・テレサがとりあげられた事があります。

マザー・テレサは幼いころに父を亡くした経験から、平和をだれよりも願っていました。そして人が人に関心を示さなくなることを誰よりもなげいていました。そんな彼女の生き様が多くの人々に感動をあたえたのだと思います。

番組では、マザー・テレサの功績をマンセーしたというよりも、むしろマザー・テレサの苦悩くのうがruby>描えがかれていました。良い事をしているのに、周囲の理解がなかなか得られない。

心無い人から中傷ちゅうしょうされたり、ヒンズー教徒がマザー・テレサたちがつくった施設しせつ異教施設いきょうしせつとして、マザー・テレサに抗議こうぎしたり。

「マザー・テレサもなやんだり、苦しんだりと、人間くさい一面もあるんだな」ってみょうに共感してしまいました。そんなマザー・テレサの苦労は(オリビア・ハッセー主演の)映画にも出てきたっけ。

マザー・テレサ デラックス版 [DVD]
マザー・テレサ デラックス版 [DVD] [DVD]


マザー・テレサの功績についてはいまさら語るまでもないのですが、いいエピソードが「その時、歴史が動いた」で取り上げられいました。


両親を幼いころになくし、マザー・テレサの孤児院で育った一人の女性がいました。その女性は、マザー・テレサ達の愛に育まれ、幸せな少女時代をすごしたが、彼女が就職のとき、履歴書で親のことを書くらんに親の名前を記入することができず困ったそうです。

その時、彼女は初めて、自分に親がいないことを実感したそうです。そんな時、マザー・テレサが親の欄に「マザー・テレサ」と書けと彼女に言ったそうです。そして、見事彼女は就職や結婚けっこんも出来て、孫にも囲まれ幸せな日々をすごしているそうです。彼女はマザー・テレサがいなければ今の幸せはなかったと語っています。




オマケ

マザー・テレサの愛の言葉が詰まった動画を見つけました。(映らなかったらごめんなさい)



このページのトップヘ