(この記事はウィキペディアを参考にしました)
1 ザビエルが石見銀山を狙っていた?

 以前、ある歴史番組で取り上げた話の中で印象に残ったのはザビエルが石見銀山ねらっていたという話です。

石見銀山とは、島根県にあった銀山で、今でこそは銀はとれなくなったようですが、全盛期は世界の銀の産出量の三分の一もめていたとか。

その石見銀山に外国人が目をつけないはずがないということで、ザビエルが銀山をねらっていたという話になったのでしょう。
 
ザビエルのイエズス会はヨーロッパ諸国がアジア諸国を侵略しんりゃくするために使わしたスパイなのだと番組で取り上げられていました。

2 ザビエルは純粋じゅんすいな気持ちで布教?

 でも、イエズス会という組織はともかく、ザビエル個人は本当に純粋じゅんすいな気持ちでキリスト教の尊さを教えようとしたのだとボクは思いますね。

ザビエルは日本の国民の事を大変めていたそうですから。

石見銀山あたりにはかくれキリスタンが多かった事も、ザビエルが石見銀山を狙うという野心をもっていた根拠こんきょの一つのように取り上げていました。

でも、それがどうしてザビエルの野心と結びつくのでしょう?

隠れキリスタンはむしろ九州に多かったのですがw?
100歩ゆずって、ザビエルがアジア侵略しんりゃくをたくらむスパイだったとしても、石見銀山を本当にねらっていたかどうかは、わかりかねます。


(石見銀山の動画)

3 イエスズ会の実態
 そもそもイエスズ会というのは、当時ヨーロッパで勢力をばしつつあるプロテスタントに抵抗するためにつくられたカトリックのグループだそうです。

イエスズ会は「教皇に対して忠実でありたい」というスタンスですが、かといって教皇にペコペコする立場ではありません。また、カトリック教会の改革の必要性をイエスズ会の人たちは理解しておりました。カトリック教会の様々な問題点をイエスズ会は厳しく批判をしています。

また、豊臣秀吉(とよとみひでよし)がバテレン追放令ついほうれいを行ったきっかけは、九州などでヨーロッパ人が人身売買を行っていたからと言われていますが、イエスズ会は奴隷貿易に協力するどころか、むしろイエスズ会はポルトガルに対して日本人を奴隷どれいとして売買するのを「やめてくれ」と呼びかけているのですね。

イエスズ会は外国のスパイどころか、ヨーロッパで弾圧だんあつもされたようです。ヨーロッパ諸国がナショナリズムを強め、王権のもとに国をまとめていこうとしたときにイエスズ会の存在がジャマになったのです。18世紀以降になると、それがひどくなってイエスズ会は弾圧されていきます。