宇喜多秀家 備前物語



1 宇喜多秀家(うきたひでいえ)の没落ぼつらく


 先週の歴史秘話ヒストリアで宇喜多秀家の事が取り上げられました。宇喜多秀家の秘話は八丈島はちじょうじまからなんと泳いで海をわたったというものw

ジョークはこれくらいにしてw宇喜多秀家は、幼少ようしょうのころから豊臣秀吉(とよとみひでよし)にかわいがられました。


豪姫ごうひめ(※1)と秀家が結婚けっこんしたのは恋ではなく秀吉の命令、つまり政略結婚せいりゃくけっこんだったそうですが、二人はまわりの人間がうらやむほどの仲が良かったそうです。

宇喜多秀家は秀吉の5大老に命じられるなど、まさに勝ち組でした。が、そんな秀家にも不幸が訪れます。

※1 前田利家(まえだとしいえ)のむすめ

 2 八丈島に流された秀家

 宇喜多秀家は罪人として八丈島はちじょうじまに流されてしまったのです。なぜ罪人になったかというとワケがあります。

それは秀家は関が原の合戦で西軍として、徳川家康(とくがわいえやす)率いる東軍と戦ったから。それで、西軍が負けてしまいました。家康に歯向はむかったばっかりに、宇喜多秀家は罪人にさせられてしまう・・・・

そんな宇喜多秀家といっしょにいたのは子供と10人くらいの家来だけ。おくさんである豪姫と別れてしまったのです。


3 子どもたちのために

 ある日、八丈島の代官の家で宇喜多秀家は白いご飯をごちそうになり、何度もおかわりをしたそうです。無理もありません。

しかも、宇喜多秀家はいただいた白いお米をフロシキに包んで家に持ち帰ったそうです。家に帰って自分が食べるためじゃありません。家で待っている子ども達にも白いお米を食わすために。

泣かせますねえ。

3 豪姫のおも

 一方、実家の前田家に帰っていた豪姫は八丈島に流されていた夫や子ども達のために食料を死ぬまで送り続けました。遠くはなれていても夫婦のキズナは切れなかったのでしょう。

しかし二人は死ぬまでおたがいに会うことは無かったというから切ない話です。この時代にインターネットや電話があればなあって自分はヒストリアをみて思わず思われました。

そんな二人の事をかわいそうに思って、今から10数年前に八丈島の人たちは秀家と豪姫がツーショットで並んだ石像をつくったそうです。

「今度生まれてくる時はいっしょになれるといいね」という願いをこめて。


※ オマケ


最後に、八丈島の映像を。八丈島には高校生の時に行きました。海もきれいで、お魚もおいしい良いところですよ。(映らなかったらごめんなさい)