history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、歴史を中心にいろいろ語ります。2020年3月より、過去記事の加筆修正も含め、リニューアルしました。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。

タグ:後醍醐天皇

一方で家来だった村上彦四郎が犠牲になったことを触れました。今日はその続きです。護良は吉野から高野山へ落ち延びました。それは後日、幕府側の二階堂貞藤ニカイドウサダフジは護良が死んでいないことを知りました。二階堂は高野山に押し寄せ「護良はどこだ出てこい!」と言って尋ねました。




このとき、高野山のお坊さんたちは護良をかくまっていたのですね。護良は高野山の大塔のはりに隠れていたのですね。結局、二階堂たちは護良を探し出すことができませんでした。実は元々高野山は護良には非協力的だったのですが、吉野山落城後は護良に協力的だったのです。

護良は機内キナイをあちこち転々としながら、ゲリラ活動を行いました。そのゲリラ活動をしながら、護良は令旨リョウジを各地に発給していました。これは護良を語る上で欠かせない言葉です。令旨とは、親王や皇后などが出す文章で、従者が主人の意思を奉じて従者の署名で発給する形式のものです。

平たくいえば、天皇の子供や皇后が出した手紙です。それも内容はだいたい命令です。令旨の内容は、護良は武将たちだけでなく、お寺や神社、武装商人にまで呼びかけ、鎌倉幕府をやっつけろという内容がメイン。

さらに令旨の内容をさらに詳しくみてみると「北条高時は在長官人時政の子孫に過ぎない」とまで書いてあったのです。北条高時は時の執権でまさに鎌倉幕府の最高権力者。今で言えば、「菅総理だって、元々は農民の子孫」っていうようなもの。護良が時の権力者が地方の下級役人に過ぎなかったと宣伝することによって、北条氏の権威を失落させようとしたのです。そんな北条なんて恐るるに足らぬから戦えということでしょう。

もちろんこのように幕府と戦えもそうですが、お寺に対しては祈祷や供養をお願いなどもありました。

令旨は護良の直筆ではなく、護良の従者である四条隆貞シジョウタカサダらが護良の意思を奉じて発給する形式を取っています。この時代はパソコンも印刷もコピー機もなかった時代ですからね。手書きの文書を複数書くのは大変だったと思います。

実は護良は吉野で挙兵する前(*1)から令旨を出していたのですが、最も盛んに令旨を発給したのは元弘3年。護良は武将たちに決起を促していたのです。その範囲も機内だけでなく、新潟や九州までほぼ全国にわたったといいます。

後醍醐天皇が隠岐オキに流されどうすることもできなかったから、父の代わりに護良が各地の武将たちに倒幕の呼びかけをしていたのです。


どうすることもできないと言っても、父の後醍醐も1332年(元弘2)8月に、出雲<rt>イズモ国の鰐淵寺ガクエンジに念願成就の祈祷キトウ綸旨リンジを出しております。綸旨とは、天皇が出す命令書のこと。護良が出したのは令旨。綸旨と令旨、似たような言葉ですが、意味合いは全く違います。後醍醐が隠岐島に閉じ込められていましたが、それでも綸旨を出したのは、後醍醐が護良に呼応したからだと思われます。護良と後醍醐は連絡を取り合っていたようです。



そして、護良の呼びかけに赤松円心アカマツエンシン(則村)も護良の令旨に応じたと言います。赤松円心は、護良の家来だった赤松則祐アカマツノリスケの父親です。赤松則祐は護良の令旨を持参し、父のいる播磨の国に行ったそうです。そして、赤松円心も挙兵をします。赤松円心は、京の六波羅を攻めます。赤松軍の勢いは凄まじく京まで上り詰めますが、しかし六波羅の反攻も凄まじく、赤松軍は山崎まで追いやられます。山崎といえば、のちに明智光秀と羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が戦った場所であり、今はサントリーのビール工場があります。赤松軍は京に登っては六波羅軍に山崎まで押し戻されということを繰り返したのですね。さすがの赤松でも六波羅に苦戦を強いられております。




赤松の他にも九州の武将や四国の武将たちも立ち上がりました。こうして護良は令旨でもって味方を増やして、幕府に立ち向かったのです。

また、護良自身も十津川トツガワや吉野、宇陀ウダなど地元の野武士を7000人も集めたといます。その野武士たちが、幕府側の兵糧を遮断シャダンしたと言います。そのため幕府軍は食べるものもなくなり、少しづつ退散し始めたと言います。

護良は比叡山ヒエイザンにも令旨を送っていました。3月28日に比叡山は蜂起ホウキし近隣の豪族を含め1万6千もの大軍勢が六波羅に押し寄せたと言います。しかし、比叡山軍は烏合ウゴウの衆。すでに六波羅と戦っている赤松と連携も取れず、結局、六波羅軍に負けてしまいます。


そして元弘3年 ウルウ二月には後醍醐が隠岐島オキノシマを脱出します。後醍醐は本州に戻るなり、名和長利ナワナガトシに迎えられ、伯耆ホウキ船上山センジョウサンに立て篭もります。後醍醐が戻ってきたところで、これで倒幕運動がさらに盛り上がるかと思いきや、幕府軍はまだまだ圧倒的な強さを持っていました。護良はどうなるのか。それはまた次回。

00CC599D-F113-4F4B-8280-F70B25C9F64A

(相関図 肖像画はWikipediaより引用)


1 記録に残っている中で護良が出した令旨で一番古いのが元弘2年6月6日、熊野三山宛に令旨を書いていたのです。護良が吉野に立てこもる半年ほど前のこと。また、同じ月の末に護良の令旨を所持する竹原八郎が伊勢国に入り、幕府の屋敷を襲ったという。


※ 参考文献


後醍醐天皇ごだいごてんのうが鎌倉幕府を倒すべく立ち上がりました。元徳3年(1331)4月末、後醍醐天皇はクーデター計画をたてましたが、事前にそのクーデター計画が秘密がもれてしまい失敗してしまいます。そして、その年の8月(※1)に後醍醐天皇を逮捕しようと、幕府が動きました。その情報を護良は事前にキャッチし、父の後醍醐に伝えたといいます。護良は比叡山が持っている独自の情報網を活用して、幕府の動向をつかんだのです。それで、後醍醐はその報を受け、自分の家臣を影武者として比叡山ひえいざんに派遣し、護良もそれに同行しました。そして後醍醐一行は南部方面へと向かったといいます。後醍醐は笠置城かさぎやま(※2)にたてこもり、幕府と戦おうとしたのです。

そして、鎌倉幕府の出先機関である六波羅探題ろくはらたんだい(※3)が軍勢を派遣し比叡山へ向かったのです。比叡山の僧兵たちは、自分たちの目の前にいる天皇を守るべく立ち上がったのです。その目の前にいる天皇が替え玉だと知らずに。護良も一緒に戦いました。

護良と比叡山の僧兵たちが六波羅軍を引き付けておくすきに、後醍醐は笠置山にたてこもりながら、幕府に不満を持っている武将たちと合流し、軍勢を整えるという戦法です。護良もなかなかの策士ですね。

比叡山の僧兵たちは、いまの滋賀県大津市の唐崎からさきの浜で六波羅の軍勢を撃破したのですね。すごいですね。六波羅軍といえば武士集団。それに立ち向かったのが僧兵。武士が僧兵に負けたというのだから。逆にいえば、それくらい当時の僧兵たちが強かったということでしょう。もちろん、護良の活躍もあったと思われますが。

勝ったのはよかったものの、そのあとでトラブルになったのですね。実は、比叡山にいるのが後醍醐天皇ではなく、替え玉だってことが、僧兵たちの間にばれてしまったのですね。僧兵たちは「はかられた」と言ってみんな退散してしまいます。護良たちは「これは、やべえ」って比叡山を降りてしまい、後醍醐のいるか笠置山に逃げ延びます。

そして、すぐさま護良は河内かわちの国の楠木正成くすのきまさしげの館に入ったといいます。楠木正成といえば南朝側の名将とされております。『ガンダム』に例えればランバ・ラルのような方でしょうか。大河ドラマの『太平記』では金八先生こと武田鉄矢さんが演じられていたのが印象的でした。そこで護良と楠木の間でどんな会話が交わされたのでしょうね?

しかし、ここでも護良はすぐに離れてしまい、奈良の般若寺はんにゃでらにしばらく潜伏せんぷくしたのです。興福寺一条院こうふくじいちじょういんの僧、好専こうせんが500人もの兵を連れ、護良を捜索そうさくしたのですね。なぜ好専が護良を探しているのか僕もよくわからないのですが、坊さんでも護良の味方ではないことは確かでしょう。この時の護良には従者が一人もおらず、一度は自害も覚悟していたといいます。そんな時、護良はひらめきます。仏壇ぶつだんの前のからびつが3つあり、そのうちの一つの中に身を潜め、あえてフタを開けたまま隠れたといいます。その唐びつのなかには経典がいっぱい入っていて、その中に護良はまぎれて隠れたのですね。護良はその時心の中で呪文を唱えていたといいます。

僧兵たちは護良が隠れていそうなところをあれこれ、さがしますが、護良がかくれている唐びつの中を探そうとしません。フタがあいているし、唐びつのなかには経典しかないから、わざわざ探す必要はないと僧兵たちは思って、その場を去ったのですね。

しかし、護良はそれで油断しませんでした。「あいつら、しつこいからまた探しに来る」って。それで護良は唐びつの中から出て、すでに兵が確認した(さっき護良が隠れていたのとは別の)唐びつに身を潜めました。案の定、僧兵たちは戻ってくるなり、今度は護良がさきほどまで隠れていたフタの空いていた唐びつをさがしました。その中には護良はいません。あきらめて僧兵たちは去っていきました。こうして護良は命拾いしたのです。頭いいですね。その時、護良は「神仏の助け」と涙を流して喜んだとか。



一方の父の後醍醐天皇は笠置城に立てこもっていたのですが、幕府軍にあえなく敗れてしまい、後醍醐は隠岐島おきのしまに流されてしまうのです。父が島流しにあい、護良はどう動いたか。当然、護良は父に代わって自分が頑張らなきゃとメラメラと燃えたのですね。




※1 1331年の8月9日に「元弘げんこう」と改元された。
※2  京都府笠置町にあった城
※3 1221年の承久の乱後に置かれた幕府の出先機関。主に朝廷の監視が任務。
  


※ 参考文献   





      

このページのトップヘ