※ 参考文献



明智光秀(あけちみつひで)は山崎の合戦で生きのびて、南光坊天海(なんこうぼうてんかい)となって家康のブレーンになったという説は昔から言われていました。

では、明智光秀=天海なのでしょうか?

そのように信じていらっしゃる方も少なくないかと思われますが、なんとも言えないというのが僕の意見です。

なぜなら明智光秀が天海と同一人物だという決定的な証拠がないと思うからです。

もちろん、歴史は荒唐無稽なことでも否定をせずに、とことん真実を調べないと真理がつかめないと思われます。実際、トロイはギリシャ神話にでてくる伝説で実際の話ではないと信じられておりましたが、シュリーマンの発掘でトロイが実在していたことが証明されましたからね。

とはいえ、天海が光秀だとはっきり書かれた資料が今後見つかれば、僕も天海=光秀だと認めますが、今の時点では保留ですね。


たしかに光秀が天海である根拠こんきょの一つとして、日光には明智平あけちだいらという場所があるとか、東照宮(とうしょうぐう)にも明智家の家紋かもんである桔梗紋ききょうもんがあるというのがあります。

ある歴史番組では光秀の家臣だった斉藤利三(さいとうとしみつ)のむすめのお福(のちの春日局かずがのつぼね)が天海にあった時「お久しぶりでございます。」と言ったことも根拠のひとつだと言っていました。

また、あるテレビの歴史番組で「光秀の筆跡ひっせきと天海の筆跡をくらべていて両方ともよく似ている」なんて番組のレポーターは言っていました。

光秀が天海である根拠があるように、逆に「光秀が天海であるわけがない」という根拠もあります。そのひとつは天海と光秀が年齢がちがいすぎるということです。天海=光秀だとすると、天海の死亡時の年齢が百歳ひゃくさいを越えてしまうのです。明智光秀が生まれたのが1528年。で、天海が亡くなったのは1643年。1643−1528=115。115歳なんてすごすぎです。これは安土桃山時代の平均寿命が50歳くらいだとすると、かなりすごいです。というか、現代でも115歳まで生きるのは大変ですね。

明智の家紋である桔梗紋ですが、この桔梗紋を家紋として使っていた武将は明智光秀だけじゃないみたいです。もともと桔梗紋は、清和源氏せいわげんじ系の土岐どき氏が使っていたものです。僕が大好きな加藤清正もじゃの目紋のほかに桔梗紋も併用へいようしていたようです。

それどころか、日光東照宮には桔梗紋なんてないなんて意見もあります。確かに似てはいるけれど、よくみるとデザインが違うとか。今度東照宮に行く機会があれば、確かめたいところですね。

天海が残したという筆跡にしても、明智光秀と天海の二つの筆跡を見た感じでは、同一人物には思えなかったなあ〜(あくまでシロウト判断だけれども)。それに、お福が天海をみて「お久しぶりでございます」といったのも、天海とお福が単なる知人だった可能性もありますし。

光秀が徳川の時代まで生き延びて天海となった可能性も否定はしませんが、逆に豊臣秀吉や徳川家康に殺される可能性も否めません。

なぜなら、光秀の存在は豊臣秀吉にとって非常に都合が悪いからです。秀吉が天下をとった大義名分たいぎめいぶんは、「主君を裏切った明智光秀をやっつけた」です。それで明智光秀が生きていたとなると、これは秀吉政権をゆるがすような大問題になるでしょう。光秀が生きていたとしても、たちまち密告者にチクられ、秀吉によって光秀は殺されたことでしょう

実際、光秀の首と遺体いたいは、山崎やまざきの合戦の後すぐに京都に護送ごそうされ粟田口(あわたくち)ではりつけにされたと当時の公家くげやおぼうさんの日記に書かれているようです。

徳川家康が権力を握る正当性も、織田信長と豊臣秀吉の後継者であることが前提となっておりますから、主君を裏切った光秀ことを家康は生かしておくにはいかないと思われます。というか、そんな主君を裏切るような危険人物を自分の手元に置くなんて僕だったらできませんね。いつ自分が信長のように寝首をかかれるか心配ですもの。

もちろん、家康がこっそり光秀をかくまった可能性も否定できません。家康はかつての敵だった武田の家臣を自分の部下にしたくらいです。優秀な光秀を召し抱えたという可能性もあります。ただ、何しろ資料もありませんので、これも憶測でしかありません。



※ オマケ