history日誌

タグ:歴史秘話ヒストリア




以前の『歴史秘話ヒストリア』で宇喜多秀家の事が取り上げられました。秀家の秘話といえば、「八丈島より泳いで参った!!!」。ウソウソ、冗談ですわw宇喜多秀家は、幼少ようしょうのころから豊臣秀吉(とよとみひでよし)にかわいがられました。

豪姫ごうひめ(※1)と秀家が結婚けっこんしたのは恋ではなく秀吉の命令、つまり政略結婚せいりゃくけっこんだったそうですが、二人はまわりの人間がうらやむほどの仲が良かったそうです。宇喜多秀家は秀吉の5大老に命じられるなど、まさに勝ち組でした。が、そんな秀家にも不幸が訪れます。

宇喜多秀家は罪人として八丈島はちじょうじまに流されてしまったのです。なぜ罪人になったかというとワケがあります。

それは秀家は関が原の合戦で西軍として、徳川家康(とくがわいえやす)率いる東軍と戦ったから。それで、西軍が負けてしまいました。家康に歯向はむかったばっかりに、宇喜多秀家は罪人にさせられてしまう・・・・

そんな宇喜多秀家といっしょにいたのは子供と10人くらいの家来だけ。おくさんである豪姫と別れてしまったのです。

ある日、八丈島の代官の家で宇喜多秀家は白いご飯をごちそうになり、何度もおかわりをしたそうです。無理もありません。しかも、宇喜多秀家はいただいた白いお米をフロシキに包んで家に持ち帰ったそうです。家に帰って自分が食べるためじゃありません。家で待っている子ども達にも白いお米を食わすために。

泣かせますねえ。

宇喜多秀家、その子供と家来たちは努力して、島の暮らしに溶け込んでいったのですね。その証は今日も残っております。たとえば、八丈島のあるい家は宇喜多家から紫と緑色の鉱物を譲り受けて、それを糸の染色に使ったという、言い伝えもあるようです。

秀家は島の暮らしに慣れると、島民の役に立ちたいと、新田開発をおこなったり、薬草の知識などを村人に伝えたり、いつの間にか秀家は島民から「殿様」と慕われるようになったといいます。その後、秀家の子供も成長し妻をもうけたといいます。その後も秀家の子孫は八丈島に生き残り、明治のころにも秀家の子孫が八丈島がいたといいます。

一方、実家の前田家に帰っていた豪姫は八丈島に流されていた夫や子ども達のために食糧を死ぬまで送り続けました。はじめは幕府に遠慮しながら細々とやっていたのですが、正式な許可をもらってからは、一年おきに前田家から食糧が送られるようになったのです。前田家から(八丈の)宇喜多への援助はなんと明治時代まで続いたといいます。豪姫が「島のもののこと、くれぐれもお頼み申します」という遺言さえ残したほど。

遠くはなれていても夫婦のキズナは切れなかったのでしょう。泣かせますねえ。僕の頭の脳内にスキマスイッチの『奏』が流れてくるようですw二人は死ぬまでおたがいに会うことは無かったというから切ない話です。この時代にインターネットや電話があればなあって自分は『ヒストリア』をみて思わず思われました。


そんな二人の事をかわいそうに思って、今から10数年前に八丈島の人たちは秀家と豪姫がツーショットで並んだ石像をつくったそうです。「今度生まれてくる時はいっしょになれるといいね」という願いをこめて。


※1 前田利家(まえだとしいえ)のむすめ



※ オマケ


最後に、八丈島の映像を。八丈島には高校生の時に行きました。海もきれいで、お魚もおいしい良いところですよ。一応、「八丈島」の観光協会の公式チャンネルの動画ですから、削除される可能性は低いとは思いますが、それでも、もし映らなかったらごめんなさい。(削除したら怒りますよw観光協会さん)



1 目をつぶってはダメ!
 「歴史秘話ヒストリア」で知ったのですが、新島八重(にいじまやえ)(※1)に火縄銃(ひなわじゅう)のち方を教わった白虎隊士(びゃっこたいし)がいたそうですね。八重はその白虎隊士びゃっこたいしにきびしく指導をしたそうです。火縄銃を撃つと大きな音がします。まだ10代の白虎隊士は、その音にひるんで目をつぶってしまいました。しかし、そんな白虎隊士を八重は

臆病者おくびょうもの!目をつぶってはダメ!」

と何度もしかりつけたそうです。八重はけっこうスパルタ指導だったのですね。

さらに、八重はその白虎隊士のかみが長いというので、白虎隊士の髪を切ってしまいます。射撃しゃげきのジャマになるという理由からでした。

女にじゅうの撃ちかたを教わるなんてなさけないと思うなかれ。

私がその白虎隊の立場だったら泣いちゃうかもw?

※1 旧姓・山本八重

2 砲術も名手だった新島八重
  八重の父は会津藩あいづはん砲術師範役ほうじゅつしはんやくです。さらに八重の兄の山本覚馬(やまもとかくま)も砲術の名人です。そういう家庭で育った八重も射撃の能力も相当のものだったようです。また、明治になってから八重は新島襄(にいじまじょう)と結婚けっこんし、夫と共に同志社(どうししゃ)を建てました。さらに、夫の死後はナースとなって活やくしました。そして昭和の初めまで生きぬきました。それだけ度胸どきょうのすわっていた女性なのです。


3 八重に鉄砲を習った伊東悌次郎

 その白虎隊の名前は、伊東悌次郎(※2(いとう ていじろう)。学問もさることながら、柔道じゅうどうや砲術、馬術も得意でした。体は小さかったけれど、中々のイケメンだったそうですまるで私みたいwうそうそw。いわば、「ドラえもん」の出来杉みたいな白虎隊士だったようです。

伊東の自宅が、八重の家に近かったので、時々たずねては、八重や八重の兄の山本覚馬に砲術などの指導を受けていたそうです。

しかし、伊東悌次郎は白虎隊に入りました。そして、士中二番隊に配属されましたが、飯盛山にて自害しました・・・・享年きょうねん17さい(※3)。

明治の世になり、山本八重は新島襄と結婚けっこん。そして、新島襄と二人で八重の故郷の会津におとずれました。そのときの写真がいくつか残されていますが、白虎隊のお墓の写真もあるそうです。八重も白虎隊の事をしのんだ事でしょう。


※2 「伊」に「東」の伊東ではなく、「伊」に「藤」の伊藤としている文献ぶんけんもあり。私のブログでは、伊東で通します。


※3 16歳とも言われている


※ オマケ
火縄銃は大きな音が出ます。男の子でも初心者はびびるかもしれません。

八重が練習に使っていた火縄銃と同じものかどうかはわかりませんが、こちらの動画でも火縄銃のすさまじさがうかがえます。





※ 参考文献


会津白虎隊のすべて


剣の乙女



(この記事は2011年5月に書いた記事を加筆修正したものです)

今年もあとわずかですね。オリンピックイヤーの今年は辰年たつどしです。それから1964年の東京オリンピックも辰年なんですよね。あと、ヘルシンキ(1952年)、モントリオール(1976年)、ソウル(1988年)、シドニー2000年)とそれぞれオリンピックが開催された年はいづれも辰年です。おどろきですね。

こうしてみると辰年にオリンピックに開催かいさいされることが多いなって改めて思いました。

今年最後のエントリはオリンピックに関するお話です。



続きを読む

川島芳子(かわしまよしこ)のことはこれまでテレビで何度も取り上げられたけれど、歴史秘話れきしひわヒストリアで初めて知った事も少なくありません。

(番組を見て)特におどろいたのが、川島芳子が歌を歌っていたという事。曲名は「十五夜じゅうごやの娘」。

とてもシンプルな歌詞です。



http://www.youtube.com/watch?v=A5nwJCmDZTU
(↑彼女の歌声)



先週の歴史秘話ヒストリアを見ておどろいたのが、信長が意外とやさしいところがあった所です。信長といえばおこりっぽくて冷酷れいこくな人物なイメージが強いだけに、マジでおどろきでした。

ときたま、部下や女中にねぎらいの言葉をかけていたそうです。

また、こんな話もありました。

信長がある村へいった時、家も財産もなく、おまけに体が不自由な男性に出会いました。信長は自ら20反の木綿を用意し、他の村人達にこのようにいいました。「この木綿を売って彼に小屋を作ってやれ。えないように食べ物を分けあたえてくれれば自分はとてもうれしい」と。

エライねえ。今時の政治家も見習って欲しいですねw

信長の悪い面ではなく良い面を見習ってw

それと、「世紀のワイドショー」とう歴史番組で知ったのですが、信長は、気さくな面もあったそうです。女装をして領民といっしょにおどり、お返しの踊りをした領民には自ら茶をごちそうし「お前の踊りは良かったぞ」とねぎらいの言葉をかけたそう。信長のそんな応対に領民はカンゲキしてなみだを流したとか。

信長って、海援隊(武田鉄矢さん)の「あんたが大将」を地でいくような人かと思っていたけれど、違ったみたいですね。

このページのトップヘ