history日誌

タグ:歴史秘話ヒストリア

1 目をつぶってはダメ!
 「歴史秘話ヒストリア」で知ったのですが、新島八重(にいじまやえ)(※1)に火縄銃(ひなわじゅう)のち方を教わった白虎隊士(びゃっこたいし)がいたそうですね。八重はその白虎隊士びゃっこたいしにきびしく指導をしたそうです。火縄銃を撃つと大きな音がします。まだ10代の白虎隊士は、その音にひるんで目をつぶってしまいました。しかし、そんな白虎隊士を八重は

臆病者おくびょうもの!目をつぶってはダメ!」

と何度もしかりつけたそうです。八重はけっこうスパルタ指導だったのですね。

さらに、八重はその白虎隊士のかみが長いというので、白虎隊士の髪を切ってしまいます。射撃しゃげきのジャマになるという理由からでした。

女にじゅうの撃ちかたを教わるなんてなさけないと思うなかれ。

私がその白虎隊の立場だったら泣いちゃうかもw?

※1 旧姓・山本八重

2 砲術も名手だった新島八重
  八重の父は会津藩あいづはん砲術師範役ほうじゅつしはんやくです。さらに八重の兄の山本覚馬(やまもとかくま)も砲術の名人です。そういう家庭で育った八重も射撃の能力も相当のものだったようです。また、明治になってから八重は新島襄(にいじまじょう)と結婚けっこんし、夫と共に同志社(どうししゃ)を建てました。さらに、夫の死後はナースとなって活やくしました。そして昭和の初めまで生きぬきました。それだけ度胸どきょうのすわっていた女性なのです。


3 八重に鉄砲を習った伊東悌次郎

 その白虎隊の名前は、伊東悌次郎(※2(いとう ていじろう)。学問もさることながら、柔道じゅうどうや砲術、馬術も得意でした。体は小さかったけれど、中々のイケメンだったそうですまるで私みたいwうそうそw。いわば、「ドラえもん」の出来杉みたいな白虎隊士だったようです。

伊東の自宅が、八重の家に近かったので、時々たずねては、八重や八重の兄の山本覚馬に砲術などの指導を受けていたそうです。

しかし、伊東悌次郎は白虎隊に入りました。そして、士中二番隊に配属されましたが、飯盛山にて自害しました・・・・享年きょうねん17さい(※3)。

明治の世になり、山本八重は新島襄と結婚けっこん。そして、新島襄と二人で八重の故郷の会津におとずれました。そのときの写真がいくつか残されていますが、白虎隊のお墓の写真もあるそうです。八重も白虎隊の事をしのんだ事でしょう。


※2 「伊」に「東」の伊東ではなく、「伊」に「藤」の伊藤としている文献ぶんけんもあり。私のブログでは、伊東で通します。


※3 16歳とも言われている


※ オマケ
火縄銃は大きな音が出ます。男の子でも初心者はびびるかもしれません。

八重が練習に使っていた火縄銃と同じものかどうかはわかりませんが、こちらの動画でも火縄銃のすさまじさがうかがえます。





※ 参考文献


会津白虎隊のすべて


剣の乙女



(この記事は2011年5月に書いた記事を加筆修正したものです)

今年もあとわずかですね。オリンピックイヤーの今年は辰年たつどしです。それから1964年の東京オリンピックも辰年なんですよね。あと、ヘルシンキ(1952年)、モントリオール(1976年)、ソウル(1988年)、シドニー2000年)とそれぞれオリンピックが開催された年はいづれも辰年です。おどろきですね。

こうしてみると辰年にオリンピックに開催かいさいされることが多いなって改めて思いました。

今年最後のエントリはオリンピックに関するお話です。



続きを読む

川島芳子(かわしまよしこ)のことはこれまでテレビで何度も取り上げられたけれど、歴史秘話れきしひわヒストリアで初めて知った事も少なくありません。

(番組を見て)特におどろいたのが、川島芳子が歌を歌っていたという事。曲名は「十五夜じゅうごやの娘」。

とてもシンプルな歌詞です。



http://www.youtube.com/watch?v=A5nwJCmDZTU
(↑彼女の歌声)



氷川清話 (講談社学術文庫)
氷川清話 (講談社学術文庫)
クチコミを見る


今年もあとわずか。今日取り上げるのは勝海舟(かつかいしゅう)。

”かちうみぶね”じゃありませんよw、”かつかいしゅう”ですから。

NHKの「歴史秘話ヒストリア」で勝海舟の事を取り上げられました。勝海舟の功績は西郷隆盛(さいごうたかもり)と会談し、江戸の町を戦火から救った事です。明治維新めいじいしん後も勝海舟は、旧幕臣ばくしん面倒めんどうを見たり、ご意見番ごいけんばんとして活やくしたそうです。

勝海舟は21世紀の現代に通じるような?事を言っていました。その言葉の数々を取り上げます。





  • 「行政改革という言葉。よく気をつけないと弱いものいじめになるよ。全体改革という言葉公平でなくてはいけない」


  • 「大きいものからはじめて小さいものを後にするといいよ。言いかえれば改革者が一番に自分を改革するのさ」


  • 「帰り道に裏店社会うらだなしゃかい(※1)へ立ち寄って不景気の実情を聞いたが、この先四、五日の生活が続こうかと心配している者があちこちにあったよ。今の政治家には、こんなささいな所まで注意する人はあるまい」



  • 御前ごぜんとか閣下かっかとか、そんなおべっかばかり聞いておらずに、大臣なども少しは江戸えどっ子のかざり気のない巻き舌でも聞いてみるが薬だよ」



『氷川清話』(ひかわせいわ)より



なんだか、今の菅直人(かんなおと)首相や民主党の政治家たちに聞かせてやりたい言葉ですなあw

改革、カイカクといいながら、権力におぼれ堕落だらくしていく政治家は明治時代にもいたことがわかります。

明治時代というとすごくはなやかなイメージがありますが、庶民しょみんが苦しい思いをしました。それに足尾鉱毒事件(あしおどうざんこうどくじけん)など公害事件もありましたし、製糸工場の女工さんも苛酷かこくな労働を強いられていました。そうした庶民の犠牲ぎせいの上に成り立っていたのが明治という時代でした。明治政府の政治のあり方や社会のムジュンを勝海舟は苦々しく思ったわけです。

そういったムジュンを抱えたまま、明治、大正、昭和へと時は流れ、やがて日本は戦争の道を進んでんでいきます・・・






1 てやの大出世
 「歴史秘話ヒストリア」で大奥おおおくの事が取り上げられていました。とても興味深い内容でした。

大奥で出世する方法や幕末の大奥御年寄おとしより瀧山たきやま(※1)の話も良かったのですが、大奥の女中じょちゅうだった桂川rt>かつらがわてやの話が特に印象に残りました。今日は”桂川てや”の話を。

桂川てやは御典医ごてんい(※2)のむすめでした。じゃあ金には困っていないジャンと思うかもしれませんが、父は年をとっていて、息子も医者ではあったが、まだ半人前でした。

今で言う研修医けんしゅういみたいな感じでした。だから、てやの家はお金の余裕よゆうがあまりなかったのです。

それで、”てや”は家族を養うためになんと12才で大奥で女中として働く事になります。12才といったらまだ小学校6年生です!?

”てや”は一生懸命いっしょうけんめい働き、花町という奥女中の先輩せんぱい広大院(※3)にも認められ、なんと13歳で御中籠(おちゅうろう)に出世しました。中学生1年生位でこれだけ出世するとは大変なことです。

え?御中臈(おちゅうろう)って何かって?ええと、毎年7月ごろにお世話になった人に菓子よりだとかビールだとかを送る・・・それはお中元w

調べによると、御中臈とは御台所みだいどころ(※4)の身辺のお世話をする人のことだそうです。


※1 ,16才で江戸城大奥にあがる。徳川家慶(いえよし)の侍女となり,のち年寄。家慶から慶喜(よしのぶ)まで4代の将軍につかえ,江戸開城まで大奥につとめた。明治9年1月4日死去。71才。ちなみに御年寄とは大奥の役職で大奥で一番の実力者で、老中ろうじゅうにも匹敵ろうじゅうするほど

※2 将軍かかりつけの医者

※3 徳川11代将軍徳川家斉とくがわいえなりの正室(奥さん)。島津重豪しまづしげひでの娘。島津重豪は薩摩藩さつまはん(鹿児島県)の藩主。
※4 将軍の奥さん。正室。




2 てやが望んでいた事。

 順調に出世をしていった”てや”ではありましたが、彼女が望んでいたのは実家に帰ることでした。

てやは、医者であるお兄さんが一人前になった時に大奥の女中をやめようと考えました。幼いころから親兄弟とはなれて暮らしたんだもの、無理もありません。それに、”てや”も年ごろで、こいだってしたい年ごろですし。

やがて月日が流れ、”てや”が16歳になった時、”てや”に不幸が訪れます。皆さん、いよいよ今日のその時がやってまいりますw

3 てやに降りかかる悲劇
 江戸城は火事になってしまいました。当然大奥も被害ひがいを受けました。あたりが火の中で、”てや”は何とか上司の広大院を探しだします。しかし、今度は花町という大奥の仲間が見当たりません。”てや”にとって花町は自分を引き立ててくれた恩人でもありました。

広大院は花町を助けよと”てや”に命じました。

”てや”は花町を助けるべく、燃え盛る火の中へ飛びこんでいきます。「この行灯を持っている死体があったらそれは私です」という言葉を近くにいた女中に言い残して。

火が治まったのち、行灯を強くにぎった死体がみつかります。その死体はてやだという事がわかったのです。16才の短い命でした。かわいそうに・・・

自分の主のため、世話になった人間のために命を投げ打つなんて「忠臣蔵ちゅうしんぐら」のようです・・・

最愛の娘の死を知った父は、亡き娘の絵をいたそうです。その絵は今も残されています。ヒストリアでも、その絵が紹介しょうかいされましたが、本当にきれいな人だなって思いました。

このページのトップヘ