history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、歴史を中心にいろいろ語ります。2020年3月より、過去記事の加筆修正も含め、リニューアルしました。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。

タグ:源義経


1 秀衡に対する頼朝の要求


源平の合戦で平家を倒した源頼朝みなもとのよりともは東北に目を付けました。けれど、イキナリ東北に攻めこんだりはしません。まずは東北のリーダーである藤原秀衡ふじわらのひでひらに圧力をかけてきます。

それは、陸奥むつ(東北)から都(京にいる朝廷ちょうてい)に献上けんじょう(※1)する馬と金は自分が仲介rt>ちゅうかいしよう」との手紙を秀衡ひでひらに送った事です。この書状を読んだ秀衡はおどろいたようです。なぜなら、奥州おうしゅう藤原家は(京都)の朝廷に馬や金を誰の仲介もなしに直接献上けんじょうをしていたのです。

そうやって朝廷と奥州藤原家は仲良くしてきたのですが、その間に源氏が横やりを入れてきたのです。これは秀衡を頼朝よりも下位に位置付けるもので、秀衡にとって大変失礼なことだそうです。

以前に大河ドラマの『ほむら立つ』を見たのですが、このドラマでも秀衡が頼朝からの手紙を見て、「頼朝のおそろしいまでの野望がすけてみえる」と言って、激怒げきどするシーンが出てきます。


それでも頭のいい秀衡は頼朝との争いをけるために、頼朝の言われるまま馬と金を鎌倉へ届けたようです。けれど、そうした頼朝の高圧的な態度に秀衡は鎌倉殿かまくらどの(頼朝)が東北にせめて来るぞ」と確信したようです。


そして、今度は源義経を差し出せと頼朝は秀衡に要求します。「義経は、頼朝の許可なく朝廷から官位を受けた、その罪状は重い。義経をかくまったものは朝敵とみなす」という主張です。すでに頼朝は、諸国に総追捕使そうついぶし、国地頭を設置する勅許をえていたのです。朝廷の認証を得ていた、つまり頼朝は朝廷の信頼を得ていたのです。頼朝に逆らうことは朝廷に逆らうのと同じみたいな図式がすでに出来上がっていたのです。

それでも、秀衡は頼朝の要求を拒否。秀衡も「けっきょく鎌倉殿は東北の地が欲しいのだ。もはや鎌倉殿との戦いは避けられなくなった」と思ったのかもしれません。「どうせ戦争になるのなら、戦のうまい源義経みなもとのよしつね殿を味方につけて、鎌倉殿と戦おう」と秀衡は思ったのかもしれません。

2 絶大な院宣いんぜんの効力 
 秀衡が亡くなった後、秀衡の後をついた藤原泰衡ふじわらやすひらに義経引き渡しを強く要求したのです。それでもなかなか聞き入れない泰衡に頼朝はしびれを切らします。それで、義経の身柄差出を命じる院宣を出すの院宣いんぜん(※2)をだしてくれと頼朝は後白河法皇にたのんだのですね。義経身柄拘束みがらこうそくの院宣に驚いた泰衡は義経を討ったのですね。このままでは自分が朝敵になったら大変だと思ったから。

軍勢を動かすには、高貴な人のおすみ付き、たとえば天皇や上皇のだした文書が不可欠でした。こうした天皇や上皇のお墨付きの文書がないまま、戦争を起こせば、それこそ朝敵になってしまいます。逆に言えば天皇や上皇のお墨付きをもらえば、暴力でもなんでも訴えてもよいのです。この時代、武士とはいえ、ほしいままに武力を行使こうしすることは許されなかったのですね。

義経の首を頼朝に泰衡は差し出しましたが、それで頼朝は東北侵略をあきらめません。今度は藤原泰衡追討の院宣をだせと後白河法皇ごしらかわほうおうに頼朝は迫ります。

しかし、後白河上皇は、藤原泰衡追討の院宣をだすのを渋っていたのですね、「理屈に合わない」ということで。はっきり言って藤原泰衡追討ついとうは頼朝の奥州征服が目的であることが見え見えでしたから。それでも頼朝は泰衡追討の院宣を待たずに、東北にせめて来たのですね。

その時入れ知恵をしたのが大庭景能おおばかげよしという人物。彼は頼朝に言いました。「そもそも泰衡は、源頼義みなもとのよりよし公の家臣だった藤原清衡の子孫。奥州藤原氏は源氏の家臣の家柄なのです。主人が家臣を討つのにどうして朝廷のお許しがひつようでしょうか」と。


3 奥州の地を手に入れたい

 平氏を討滅した源頼朝は、鎌倉政権を安定させるべく、潜在的せんざいてきに脅威である奥州藤原氏を打倒する必要がありました。頼朝はどうしても東北の地を手に入れたかったのです。

また、源平の合戦で領地りょうちをもらえなった武士たちに、広大な奥州の地を分け与えることができるし、東北でとれる金や馬(東北は馬の産地でもある)も頼朝にとって魅力的みりょくてきだったのでしょう。

そして何よりも頼朝いや源氏にとって東北の地は因縁いんねんの土地であったことも大きいのです。その因縁いんねんというのが、前九年・後三年の役ぜんくねん・ごさんねんのえきです。

前九年・後三年の役は人物の関係が複雑で僕もうまく説明できないのですが、どちらの戦いにも源氏が関わっていたのです。特に前九年の役は、源氏が興隆こうりゅうした原点ともいえる戦いでもありました。源氏の東北への勢力拡大は源氏の先祖からの悲願でもあったようです。ご先祖様が成しとげられなかった東北征服せいふくを頼朝は成しとげたいと思ったのかもしれません?





※1お寺や仏像の修理などをするための寄付金きふきんを集める事
  • ※2 皇からの命令を受けた院司が、奉書形式で発給する文書。 天皇の発する宣旨に相当する。 院庁下文よりも私的な形式。




  • ※ 参考文献





    あと、ウィキペディアも参考にしました。

    本題に入る前にクイズを。いなりずしと巻きずしを詰め合わせてセットにしたものを「助六すけろく」といいますが、その「助六」の語源は次のうちどれでしょうか。



    1. 歌舞伎かぶきの演目

    2. 女が6人

    3. スケベが6人

    4. 人の名前


    まず2番は違います。女のことを「スケ」って言います。女の番長をスケ番といいました。僕の世代は「スケバン刑事でか」なんて連想しちゃいますw主人公の麻宮サキを演じられた斉藤由貴さんかわいかったなあ。麻宮の武器に使われたヨーヨーもはやりましたっけ。


    スケバン刑事 3部作一挙見Blu-ray
    浅香唯
    TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
    2021-01-13



    で、正解は一番。歌舞伎かぶきの演目に「助六」というのがあるんです。その演目の主人公の助六の愛人は吉原の花魁おいらんで、その名を『揚巻(あげまき)』といいいます。 『揚巻』の『揚』を油揚げの『いなり寿司』、『巻き』をノリで巻いた『巻き寿司』になぞらえて、この二つを詰め合わせたものを『助六寿司』と呼ぶようになったそうです。勉強になりましたか?では、本題に入ります。今日は歌舞伎にまつわるお話です。


    続きを読む

    那須の塩原なすのしおばらに「源三窟げんさんくつ」というのがあるのをご存知でしょうか?

    以前に、塩原におとずれた時、「なんだろうな?」って思って立ち寄ったのです。なんでも源氏の落人おちうどが、源頼朝(みなもとのよりとも)の追っ手からのがれて、この洞窟どうくつに立てこもったというのです。

    「へえ、平家だけでなく源氏にも落人おちうどがいたのか」って変なところで感心してしまいました。

    洞窟の入り口には、係りのおじさんがいて、大きな相関図(源氏の相関関係が書かれている)の前で、「源三窟」のゆかりを説明をしていました。

    なんでも、源義経(みなもとのよしつね)の身内であり側近でもある源有綱(みなもとのありつな)という人物がいて、壇ノ浦だんのうらの戦い以降、やはり頼朝から命をねらわれいたそうです。それで、この洞窟どうくつににげ込み、義経と合流するチャンスをうかがっていたようです。

    しかし、有綱の家臣の一人が洞窟の中にあるたきの水でお米をといでいたところ、とぎ汁じるが滝から川へ流れてしまったようです。

    悪い事に、川に流れたとぎ汁が頼朝の家臣に見つかってしまったのです。「この川の川上に義経の残党がいるぞ!」といって、頼朝の家臣はとぎ汁が流れたところをたどっていたところ、有綱の立てこもるこの洞窟にたどり着いたのです。

    頼朝の家臣に見つかった有綱は「もはやこれまで」と、あわれな最期をつげたそうです。

    他にも「源三窟」の説明のみならず、源義経はプレイボーイだとかw、この洞窟の資料館にあるヨロイをカメラでると心霊写真しんれいしゃしんが映る事もあるとか、おもしろくもためになる話をおじさんはしていました。

    入場料をはらって洞窟どうくつの中に入ったのですが、の天井も低いです。僕も頭をぶつけました。なにせ僕は身長180センチの高身長ですからwウソ、ジョークw私は170センチあるかないかの身長でつ。それはともかくこんなところに長くいたら息がつまります。

    この洞窟のあちこちに人形があって、この洞窟のなかで源氏の一味が洞窟の中で立てこもっている様子が再現されています。わずかな食料だけで、暗い洞窟の中を何日も過ごすのですから大変だなあって、思いました。

    この洞窟の中で、源有綱は自分たちのことよりも義経のことを考えていたとうのだから、泣けてきます。

    SSC_0539

    (源三窟の入り口)


    SSC_0535

    (滝でお米を研いでいる様子)

    SSC_0536

    (洞窟の中の暮らし)


    SSC_0537

    (源有綱の人形。二体ありますが、どっちが源有綱の人形だか忘れましたwごめんちゃいw

    SSC_0540

    (源有綱の墓)

    ※ 参考資料


    係りのおじさんの話と源三窟の駐車場のところにあった説明板を参考にしました。


    SSC_0532
    SSC_0533




    (この記事はウィキペディアと『源義経 111の謎』を参考にしました)

    今日は、「安宅の関(あたかのせき)」のエピソードについて。「安宅の関」のエピソードは歌舞伎の「勧進帳(かんじんちょう)」という演目にもなりました。

    源義経が源頼朝の目をのがれ、東北の平泉へ向かいました。その途中とちゅう、今の石川県にあった安宅の関(あたかのせき)を守っていた富樫 泰家(とがし やすいえ)に「ちょっと待て!お前は義経じゃないのか!?」と足止めされてしまいます。

    義経は源平の合戦であれだけ活やくしたのに、合戦後は頼朝にうとまれ、指名手配のおたずね者になってしまったのですね。

    義経のピンチに、義経の家来だった弁慶(べんけい)が機転きてんかせます。「自分たちは(源平の合戦の際に焼失した)東大寺再建のために勧進かんじんを行っている山伏やまぶし(※1)だ」と言って、たまたま持っていた白紙の巻物を勧進帳であるかのようにふるまい、朗々と読み上げます。


    え?勧進とは何かって?説明せよと言われても、あいにく僕もよくわかりませんwごめんちゃいw

    といいたいところですが、一応ウィキペディアで調べてみました。

    何でも、勧進とはお寺や仏像の修理などをするための寄付金きふきんを集めることだそうです。「勧進帳」とは「勧化帳(かんげちょう)」とも呼ばれており、勧進の目的だとか、「お金を寄付すれば、あなたも功徳がつめて、いいことがありますよ」みたいなことが書かれた巻物だそうです。

    富樫とがしは疑い、こんどは弁慶べんけいに「山伏の心得を言え」だとか、「秘密の呪文じゅもんをとなえよ」なんて富樫は言ったのですが、弁慶はうまく応えます。

    それでも、疑いの目が晴れないので、弁慶は何と義経を棒でひっぱだくのです。「お前が義経に似ているから疑われたじゃないか!」って。それで富樫が「もうよい、そなたたちが義経ではない事はようわかった」と、疑いの目が晴れて義経一行は通ることができたと言うのです。

    もちろん、弁慶は義経に対して、棒でたたいた事を泣いてわびたそうです。

    一方の富樫は、山伏の一行の正体が義経達だと知っていながら、弁慶の主君を思う心に感服して関所を通ることを許したというのが、「安宅の関」のエピソードです。

    感動的なストーリーですね。と、言いたいところですが、この「安宅の関」のエピソードはどうも作り話のようですそもそも「安宅の関」という関所が実在しないというのです。地元の石川県には安宅の関のあとがあるのですが、実際に関所があったわけじゃないのです。

    また、「安宅の関」のエピソードが『忠臣蔵』に登場するのですね。その辺のお話はまた次回。

    ※ おまけ

    『勧進帳』のダイジェストの動画をご紹介します。




    ※1 山野に住んで修行をするおぼうさん。

    歌舞伎名作撰 勧進帳 [DVD]
    市川團十郎
    NHKエンタープライズ
    2004-07-23






    DSC_1698


    1 結論から先に言えば「ありえない」と思う

    源義経(みなもとのよしつね)は平泉にて、藤原泰衡(ふじわらのやすひら)におそわれて、自害したといいますが、義経は大陸に逃げて、ジンギスカンになったという伝説があります。

    結論から先に言えば、個人的には「ありえない」と思います。


    2 義経=ジンギスカンの根拠こんきょ



    ただ、義経=ジンギスカンであるという理由がいくつかありますので、とりあえずあげておきます。


    1. ジンギスカンが戦いのときに白い旗をつかった。白い旗は源氏のシンボルでもあった。


    2. ジンギスカンはニロン族の出身。で、その「ニロン」は日本がなまったもの。


    3. ジンギスカンの父の名が「エゾカイ」といい、「蝦夷(えぞ)の海」がなまっている。


    4. ジンギスカンは母に「宣懿(せんし)皇后こうごう」という名をあたえている。


    5. ジンギスカンも義経も酒がきらい。「


    6. ジンギスカンは「9」という数字を好んだ。


    7. ジンギスカンの命日と「義経忌よしつねき」(※1)がどちらも同じ8月15日。


    8. ジンギスカンを漢字で書くと「成吉思汗」だが、これは「吉野で別れた静御前しずかごぜんを思う」という意味がこめられている。


    全部の項目こうもくを説明できないので、ポイントをしぼって池上彰さんのようにはいきませんがw、解説をしていきます。

    ※1 義経が少年時代をすごした鞍馬山(くらまやま)では同じく8月15日に義経忌という法要が現在でも行なわれている。

    3 母の名前と、源氏の恩人の名前が似ている?
     まず、4ですが、ジンギスカンの母の名前はホエルン・イケといいます。モンゴル帝国を建国してからジンギスカンは、母に「宣懿(せんし)」という名前をプレゼントしました。

    それから母は、ホエルン・イケ・センシと名乗るようになりました。

    この名を何度かくりかえすと、平清盛(たいらのきよもり)に懇願こんがんし源義朝(みなもとのよしとも)の遺児いじをすくった池禅尼(いけのぜんに)の名前がうかびあがるといいます。


    4 義経もジンギスカンも酒がきらいといはいうけれど
     5ですが、義経はお酒が飲めなかったようです。一方のジンギスカンは「酒は平静を失うもの」として酒を飲むことを批判ひはんしていたそうです。どちらも酒がきらいだから二人は同一人物だといわれております。けれど、酒が飲めないのと、酒を批判するのは別問題だと思います。

    酒好きな人でも「酒の飲みすぎはよくない」という人だっているだろうし、大酒のみでも飲酒運転を奨励しょうれいする人なんていないでしょw?

    逆に酒がきらいでも、飲み会の雰囲気ふんいきが大好きで、自分はコーラを飲みつつ、その場を楽しむ人だっている。

    5 義経は「9」の数字を好んだ? 
    次は6の項目について。ジンギスカンは「9」の数字を好んだといいます。ある地方の王の遺児がジンギスカンに謁見えっけん(※2)したとき、おくり物を九つずつ用意したといいます。

    また旧満州ではジンギスカンのことを克羅(クロウ)と呼んだようです。

    「くろう」といえば、義経もかつては「九郎」と呼ばれていました。これは偶然ぐうぜんの,一致いっちか?

    ※2 貴人または目上の人に会うこと。


    6 義経忌と同じ日に亡くなったジンギスカン。
     

     7の項目についてみていきましょう。ジンギスカンは8月の15日に亡くなったといいます。日本の終戦記念日と同じ日やんwといいたいところですが、この日は京都の鞍馬山で行われる義経忌と同じ日だといいます。これも偶然の一致か?



    でも、義経が亡くなったのは旧暦の4月30日(いまの6月15日)なんですよね。

    7 成吉汗の意味
      最後に8の項目を。「成吉思汗」はジンギスカンを漢字にあてたものです。「成吉汗」の「汗」という漢字は、歌やいをする遊女ゆうじょのことを指すといわれています。

    で、「成吉汗」の「吉」が静御前と別れた吉野であると解釈すれば「吉野で別れた静御前を思う」という意味にもなるといわれています。

    でも、どうかな〜。なんかこじつけのような気がするw



    ※ おまけ

    アンケートをよろしければ、お願いします。お題は「義経=成吉汗?」




    ※ 参考文献





    このページのトップヘ