history日誌

タグ:織田信長

昔、大河ドラマ「江」(ごう)で織田信長がめいの江に東大寺と呼ばれる香木をプレゼントする話が出てきました。この香木は蘭奢侍らんじゃたいと呼ばれた天下一の香木であります。それを神も恐れぬ信長が切り取ったそうです。

蘭奢侍らんじゅたいは東大寺の正倉院に保管されています。これは信長だけでなく、足利義政や明治天皇など時の権力者たちが非常に関心を持った宝物です。蘭奢侍らんじゅたいをよく見ると一部を切り取られたような傷が50くらいあるそうです。

ある日、信長が東大寺の宝物をすべて見せよと命じると、僧侶が持ってきたのが、この蘭奢侍らんじゅたいなのです。一部を切り取り、信長があげたのです。信長はたいそう喜んだといいます。蘭奢侍らんじゅたいのような有名な香木を手に入れることは、著名な茶器を持つのと同じくらいの名誉だったのです。

この香木からはなんともいえない香りがするそうです。ふつう香木の香りは甘いとか辛いとか、せいぜ香りが一つ、おおくても二つの香りがまじったような感じなのですが、この蘭奢侍らんじゅたいだけは、ドルチェ&ガッバーナじゃなかったw甘い、辛い、酸っぱい、苦い、塩っ辛い、と5つの香りを持っているような、この世に一つとないような不思議な香木だといいます。だからこそ、時の権力者を魅了したのでしょう。

ただし、蘭奢侍らんじゃたいは正倉院宝物目録での名は黄熟香おうじゅくこうと言われています。

もちろん蘭奢侍らんじゃたいは大変な宝物だから、なかなか見ることはできません。

東大寺の正倉院といえば、去年の12月の初めに僕もおとずれました。秋の終わりの雰囲気ふんいきが感じられる京都・奈良なら一泊二日いっぱくふつかの旅行をしました。20数年前のw修学旅行では東大寺の大仏殿はおとずれましたが、正倉院にはおとずれなかったので、今回はおとずれたいと思っていたのです。

正倉院は東大寺の敷地しきちの中にあるのですが、宮内庁くないちょうが管理しているので拝観料は取りません。奈良・京都の寺って拝観料取られるからイヤなんだよねw

実物の正倉院を見たのですが、思っていたよりも大きいと思いました。教科書にのっている写真だとどうしても小さく見えるから。

警備員とさくがジャマしているのでw、正倉院の建物に中に入るどころか、近づく事すら出来ません。しょうがないから外から正倉院の建物をながめておりました。国の大切な宝物が眠っているのですから、当然といえば当然でしょう。

ただ、年に一回、奈良国立博物館にて、正倉院の宝物の特別 展示が行われるようです。さらに、信長も愛したという蘭奢侍らんじゃたいもそのとき一般公開いっぱんこうかいされるそうですね。僕も機会があれば、特別展示会が行われたときに奈良に訪れ、この目で蘭奢侍を見てみたいですね。




(蘭奢侍の動画。)

先週の歴史秘話ヒストリアを見ておどろいたのが、信長が意外とやさしいところがあった所です。信長といえばおこりっぽくて冷酷れいこくな人物なイメージが強いだけに、マジでおどろきでした。

ときたま、部下や女中にねぎらいの言葉をかけていたそうです。

また、こんな話もありました。

信長がある村へいった時、家も財産もなく、おまけに体が不自由な男性に出会いました。信長は自ら20反の木綿を用意し、他の村人達にこのようにいいました。「この木綿を売って彼に小屋を作ってやれ。えないように食べ物を分けあたえてくれれば自分はとてもうれしい」と。

エライねえ。今時の政治家も見習って欲しいですねw

信長の悪い面ではなく良い面を見習ってw

それと、「世紀のワイドショー」とう歴史番組で知ったのですが、信長は、気さくな面もあったそうです。女装をして領民といっしょにおどり、お返しの踊りをした領民には自ら茶をごちそうし「お前の踊りは良かったぞ」とねぎらいの言葉をかけたそう。信長のそんな応対に領民はカンゲキしてなみだを流したとか。

信長って、海援隊(武田鉄矢さん)の「あんたが大将」を地でいくような人かと思っていたけれど、違ったみたいですね。

DSC_1376

(阿弥陀寺((あみだでら))の入口)

DSC_1378

(阿弥陀寺)

DSC_1377


(阿弥陀寺のいわれが書かれた立て札)



DSC_1379
DSC_1380

(いづれも信長の墓)

以前の「歴史秘話ヒストリア」で織田信長(おだのぶなが)の事をやっていました。見ていておどろいたのが、信長が本能寺の変で自害したとき、信長の死体が消えたと言うことです。どうも本能寺から信長の遺体(いたい)をかくした人物がいたようです。

それが京都の阿弥陀寺の清玉上人(せいぎょくじょうにん)。清玉上人は織田家とはゆかりのある人物だそうです。

織田家が支配していた尾張(おわり)の国で清玉上人の母親は産気づいて倒れたのです。

それを助けたのが織田家の人間。しかし、清玉上人の母親は清玉上人を産んですぐに亡くなりました。それをかわいそうに思った織田家の人たちはまだ子どもの清玉上人を大切に育てました。そうして織田家の保護を受けて清玉上人はなんと19才の若さで阿弥陀寺(あみだでら)の住職じゅうしょくになることができました。

清玉上人は織田家に大変な恩義を感じていました。だから、信長の死体が明智光秀(あけちみつひで)の手にわたる前に、信長の死体を運び、阿弥陀寺にてひそかに葬儀そうぎを行ったといわれています。

しばらくして阿弥陀寺に豊臣秀吉(とよとみひでよし)が現れます。秀吉は清玉上人に「この阿弥陀寺にて信長の葬儀をやりたい」と提案しました。しかし、清玉上人は「信長公の葬儀は自分達がささやかながらやりました。改めて信長公の葬儀を行う必要はありません」と秀吉の申し出をつっぱねたのです。


それはダメだと思ったのが清玉上人。仕方なく秀吉は大徳寺にて大々的に信長の葬儀を行いました。

清玉上人は本能寺の変から3年後に亡くなりました。「待ってました」といわんばかりに秀吉は清玉上人の阿弥陀寺を移転させ、しかも阿弥陀寺の敷地しきちを縮小させられました。まさに嫌がらせです。

そのため、阿弥陀寺にお参りする人も減ってしまい寺は困りました。その阿弥陀寺に助けたのがか森家。森家は、信長の小姓こしょうの森蘭丸(もりらんまる)の親族です。森家の援助(えんじょ)のおかげで阿弥陀寺はなんとか維持いじできました。阿弥陀寺には信長のお墓と森蘭丸および親族のお墓があるそうです。

※ 関連記事

織田信長を殺した黒幕って誰?


天海の正体は明智・・・???


※ 阿弥陀寺のアクセス





京都府京都市上京区寺町通今出川上る二丁目鶴山町14

京都駅から地下鉄で出町柳駅下車or市営京都バスで京都河原町今出川下車。徒歩15分〜20分くらい






※ 今回の記事は「歴史秘話ヒストリア」を参考にして書きました

このページのトップヘ