history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、歴史を中心にいろいろ語ります。ブログ削除しようとしましたが、やめましたwそのかわりブログをリニューアルしました。コメント欄も久々に開放しましたが、コミ障で、なにぶん心が折れやすい性格なので、コメントの方は何卒お手柔らかにお願いします。

足利尊氏

この頃、護良は幕府が滅亡したにも関わらず、大和国信貴山シギサンに籠城し、戦いの準備をしておりました。そのことに驚いたのが後醍醐天皇。後醍醐は護良のところへ死者じゃなかったw使者を送りました。「護良よ、幕府は滅んだし、戦も終わった。そのようなことはやめて、昔のように比叡山に戻り、み仏に使える坊さんらしい生活をしなさい」と。

それに対して護良はこう返したといいます。

「今、世の中に平和が訪れたのは、天皇の御威光のおかげですが、私の長年の苦労によるものもあるでしょう。しかるに、尊氏は少しばかりの合戦に勝ち、京都を攻め落としたに過ぎません。それなのに、誰よりも恩賞をいただきました。まして尊氏は源氏の嫡流チャクリュウ。このままでは尊氏は幕府を起こし、朝廷に刃向かうことでしょう。今のうちに尊氏を叩いた方が良いと思いまして、私は兵の訓練をしているのです」と後醍醐に言い返したのです。まさに、親への反抗。聞かん坊の護良の返事に後醍醐は困ってしまいます。実はこれが護良の悲劇の始まり。素直に坊さんになればよかったものの。もし、タイムマシーンがあったら、僕は護良に「お父さんの言うことを聞かないと後でとんでもないことになるよ、後悔しても知らないよ」ってアドバイスしたいところ

一方で、尊氏が後醍醐天皇と対立し、南北朝の戦いが始まるのは歴史が証明する通り。そういう意味では護良は先見の目があったともいえます。

そして、護良は自分を征夷大将軍セイイダイショウグン にしろと後醍醐に要求。後醍醐は、なんと、これに応じました。征夷大将軍というのは武官の最高位で、全国の武士を動かしうるほどの権威がある役職です。しかも、護良は、後醍醐から正式に征夷大将軍に任命される前から、無断で将軍を自称していたのです。後醍醐は護良の要求を飲んだというより、護良の言い分を追認したと言った方が近いのです。なんというスタンドプレー。これが「ガンダム」だったら、ブライトさんやウォンさんに修正されても文句が言えません。

機動戦士Zガンダム SPECIAL
鮎川麻弥
キングレコード
1999-03-05



本来は武士の出身じゃないと征夷大将軍になれないのはずなのですが、実は鎌倉幕府では皇室の出身者が4代にわたって征夷大将軍になっているのです。宗尊親王ムネタカシンノウ惟康親王 コレヤスシンノウ久明親王ヒサアキラシンノウ守邦親王モリクニシンノウと。「鎌倉幕府だって皇室出身者が征夷大将軍になれたのだから、私だってなれるはずだ」というのが護良の言い分。しかし、護良が征夷大将軍になったことに反感を持つ人も少なくなかったのです。尊氏も本来は自分がなれると思っていただけにショックも大きかったでしょう。

後醍醐が尊氏に護良に征夷大将軍にしたのはなぜでしょうそうでもしないと、護良がおさまらないというのもありますが、尊氏に征夷大将軍まで任命してしまうと幕府を開いてしまうことを後醍醐が警戒したのも理由の一つなのではないかって僕は考えております。後醍醐が尊氏を優遇したというけれど、全面的に尊氏を信頼したわけじゃないのですね。尊氏は強力な軍事基盤を持っている上に征夷大将軍なんて任命すれば、尊氏が幕府を開く危険性も高い。もちろん、後醍醐が尊氏を信頼していた可能性もありますが、いづれにせよ後醍醐新政にとって尊氏を敵に回しちゃいけない存在であるのは確かです。その護良は尊氏と戦おうとしているのです。「困ったやつだ」と後醍醐は思ったのかしれません。

一方、護良が征夷大将軍を望んだのはなぜでしょう?それは分かりません。ただ、これは僕の憶測でしかないのですが、護良は自分は天皇の息子でありながら、皇太子になれず、父のために必死に戦ったのに、父は足利尊氏ばかり重んじる。自分は血みどろの戦闘に身を投じ、本来なら自分が最大の殊勲者シュクンシャであったはず。それなのに自分は何一つ役職についていない。焦りみたいなものもあったのでしょうし、尊氏に負けたくないという感情もあったのかも。また護良というか、朝廷は、独自の軍事力を持っておらず、いたとしても僧兵か、野武士、ごろつきみたいな人間ばかり。これではいざというときに守れません。だからこそ、護良は自分が征夷大将軍になって、全国の武士を自分の管轄下に置きたかったのでしょう。

護良は元弘3年6月、征夷大将軍に任命され意気揚々。護良は軍を引き連れ我が物顔で京の街を歩いたと言います。その護良一行の有様に人々は驚いたと言います。まずか家臣たちが三千人あまりが行進し、その中をさっそうと護良が美しい見事なヨロイを身にまとい立派な馬に乗って歩いているのです。 華やかな行列だったそうですが、一方で物々しく物騒な気配も満ちていました。人々は護美の行進に驚くと同時に「また、戦争になるんじゃないか?」って不安になってきたのです。

存在感をかき消された護良が、ここぞとばかりに力を盛り返し、武威を誇示して足利へ威圧を加えていたのですねこの時護良は「見たか、尊氏、私はお前がなりたかった征夷大将軍になれたぞ」って思っていたのかも。護良にとっては幸せの絶頂。




しかし、護良は幸せの絶頂の後に恐るべき転落人生が待っていました。それは次回にまた。




* 参考文献






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1 護良たちに起きた奇跡
護良親王モリヨシシンノウ楠木正成クスノキマサシゲたちの奮戦もむなしく幕府は倒れそうにもありません。後醍醐天皇ゴダイゴテンノウも無事隠岐島オキノシマから生還したし、護良側に味方する武将が続々現れたけれど、それでも幕府に到底及びません。その戦力差は明らかでした。千早城に立てこもっている楠木も幕府の猛攻撃に長くはえきれぬ状況だったのです。

護良はあせりました。このままでは幕府に勝てない。幕府の方が勢力が上だ。護美ピンチ。そんな後醍醐や護良たちに奇跡が起こったのです。それは幕府側の有力武将の戦死および裏切りです。

まずは名越高家ナゴエタカイエの戦死です。名越は北条一門の有力だ武将でした。その名越は元弘ゲンコウ3年の4月27日、名越は赤松円心アカマツエンシン久我縄手コガナワテ(京都市伏見区)というところで戦いました。この時名越高家は流れ矢に当たって戦死してしまったのですね。これは幕府軍にとって大きな痛手した。

さらに幕府側だった足利高氏アシカガタカウジ(後の尊氏)が裏切り、後醍醐に味方したのです。それは元弘3年5月7日のこと。高氏が後醍醐側についたことは非常に大きかったのです。足利家も軍事力を持っていましたし、高氏をしたう武将たちはたくさんいましたから。高氏は、京都に攻め寄り幕府の六波羅探題ロクハラタンダイを攻撃。

さらに翌月の5月7日には新田義貞も倒幕のために挙兵。新田は幕府と関東各地で死闘を繰り広げました。新田義貞はその勢いに乗って5月21日に鎌倉に突入。幕府側もついに鎌倉幕府は滅びたのです。



2 ライバル高氏

 ロック原短大じゃなかったw六波羅探題を滅ぼした高氏は京都に奉行所を開設し、全国から京都にやってきた武将たちに着到状チャクトウジョウ (*1)や軍忠状グンチュウジョウ(*2)に承認の判を押す作業をしたり、京都の治安維持も行いました。え?高氏にそんな権限があるのかって?

幕府が滅んでも後醍醐天皇はすぐに京都に戻ったわけじゃなく、まだ鳥取県の船上山センジョウサンにいます。新政府の組織や制度もまだでき上がっておりません。京都は事実上の無政府状態だったのです。後醍醐が京都にもどるまでの間、高氏が仕切ったのは別に不自然なことではないのです。

そんな最中、高氏と護良がぶつかったのです。護良の家来に殿宝印良忠トノノホウインリョウチュウという坊さんがいましたが、その良忠の手のもの二十人が京都の土蔵を打ち破って財宝を運び去ったのですね。これは良忠が悪いというより、良忠の配下の兵は統制が取れておらずチンピラみたいな配下が少なくなかったのです。それで高氏は彼らをとらえ、首をはね、その首を六条河原ロクジョウカワラにさらしたのですね。当然ですね。

しかし、なぜか護良はこのことを激怒。今に例えるなら、市役所の上役がチンピラを雇い、そのチンピラが悪さをしたので、住民が警察に通報したら、市長が逆ギレしたようなもの。そんなことをしたら、市長は連日マスコミに叩かれるし、リコール運動まで起きて市長は辞任に追い込まれるでしょう。それで逆ギレする護良に落ち度大ありです。高氏の方が正しい。しかし、これが護良と高氏の争いの始まりだと言われております。

3 護良の嫉妬シット
実は護良が高氏を嫌ったのは、この一件だけではありません。護良は高氏に対してジェラシーがあったようです。護良は強くて、頭も良くて、しかもイケメンで人間性も良い完璧人間だと思っていたのですが、そんな護良も嫉妬シットをするんだって。高氏に対するコンプレックス。護良にも人間味があるんだなって。

後醍醐は元弘3年6月5日に京都に戻り、新しい体制を作るための準備に入りました。まず後醍醐は、皇太子を阿野廉子アノレンシの産んだ恒良親王ツネヨシシンノウでした。阿野廉子とは後醍醐天皇の愛人で、後醍醐が最も愛した女性でした。愛人って聞くと僕はテレサ・テンさんの歌が思いつきますwそれはともかく、可哀想なのはあんなに父のために戦ったのに、父の跡取りになれなかった護良。自分を差し置いて愛人の子供を後継者にするなんて護良から見たら納得のできない話。

愛人[テレサ・テン][EP盤]
荒木とよひさ
東芝EMI
1985T



さらに後醍醐は高氏に昇殿ショウデンを許し、鎮守府大将軍チンジュフダイショウグンに任命。さらには官位を与えたり(正三位まで与えられた)、名前も高氏から尊氏タカウジと改名をしました。尊氏の「尊」は後醍醐の本名の「尊治」からとったもの。さらに武蔵国(*3)を与えられました。尊氏の活躍がなかったら、鎌倉幕府は倒れなかったでしょうし、後醍醐だって京都に戻れなかったと思います。それを面白く思わなかったのが、護良。「私だって父のために戦ったのに、尊氏殿ばかりヒイキしてひどい」って思ったのでしょうか。

後醍醐が高氏をここまで重んじたのは、高氏を気に入ったというより、高氏の存在を恐れたからだだと僕は思います。いつかはやっつけなければいけない相手だが、かといって今、彼を敵に回すのは危険だ、まずは自分たちの力を蓄えなくては、と後醍醐が考えたと僕は思います。また、護良のことは、「高氏も危険だが、護良も厄介だ。あいつは勝手なことばかりする、今度は何をしでかすかわからん」とある意味、高氏より我が子、護良の方を後醍醐は危険視したのかもしれません。

一方の護良は、父のために一生懸命戦ったのに、跡取りは父の愛人の子、しかも自分はなんの役職もなく、高氏ばかり重んじられる。こりゃ護良も面白くありません。で、護良はどうしたか。それは次回。


※1 合戦などで軍勢催促を受けて、または自主的に参戦した際に所定の場所に到着した旨を上申する文書。合戦における手柄を証明するものだった。
※2 合戦後に参戦したものが自身や一族の戦功などをかきあげて上申した文章。この軍忠状の内容に基づき論功行賞が行われた。
*3 今の東京都と埼玉県と神奈川県の一部

* 参考文献



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ