1 自分がターゲットにされてしまう
 魔女狩りでは、実際に拷問ごうもんを行った人間も悪いけれど、ごく普通の庶民たちがお互いに監視したり、密告するようになったことも、そもそもの問題でした。なぜ、人々はこんなことをするのでしょう。たとえば、いじめやパワハラが起こった場合、いじめやパワハラに合った人を見ている人は「その人を守りたい」という気持ちはあるにはあるのですね。

でも、下手にかばったりしたら、自分もそのいじめやパワハラの標的になりかねません。だから、人々は見て見ぬふりをしたり、最悪自分も、いじめのターゲットを攻撃する側にまわることもあるのです。それが自分の身を護る一番の手段になってしまうのです。

『ドラえもん』でジャイアンとスネ夫が二人でのび太をいじめますが、実はスネ夫はジャイアンの忠実な家来ではなく、腹の中ではバカにしているのですね。実際、スネ夫はジャイアンがいないときは陰口叩きまくりだし。それでも、スネ夫がのび太をジャイアンと一緒になっていじめるのは自分が標的になるのが怖いからですね。

一緒になってターゲットをいじめるのは本意ではないが、何回も攻撃を繰り返しているうちにそれが次第に快楽になってしまうのですね。

2 レッテルはり
 魔女狩りの最大の問題は、まったく魔女とは関係ない普通の人が、魔女のレッテルをはられ、多数リンチにあったり、処刑されてしまったことです。なぜ、こんなことがおこったのでしょう。これは人間の悲しい性が原因だと思われます。

魔女狩りに限らず、会社や学校、ネットの中などのコミュニティの中には潜在的に小さいな言い争いがありますよね。悪口の応酬おうしゅうみたいなものは、日常的とは言わなくても、起こったりします。しかし、それが繰り返されていく中で、一人の人間に悪評、魔女狩りであれば、「この人は魔女じゃないか」って評判が蓄積ちくせきされてしまいます。それが根も葉もないうわさであったり、誤解であっても、一度悪いレッテルが貼られるとそれを挽回ばんかいするのが大変なんです。

度、そういうレッテルがはられると、その人の行動すべてがマイナスに解釈されてしまうのですね。魔女狩りであれば魔女であると、会社であれば、「あいつは使えないヤツだ」と。一度Aさんが使えないやつだと思われると、たとえ上司のミスが原因であっても、上司はAさんのミスだと思いAさんを叱責しっせきをする。

『サザエさん』であれば、本当はタラちゃんがやったイタズラなのに、普段ふだんからワンパクのイメージがあるカツオが父さんに怒られるみたいなものでしょう。近くにいる人だからこそ疑いの目が向けられてしまうのです。

そうして、魔女狩りの悲劇ひげきは起こったし、近年でもネットの書き込みを真に受けた人間が無実の人をリンチしたり、自殺に追い込んだりする事例がおこっているのですね・・・

3 みんなのための正義
 魔女狩りは終焉しゅうえんしたものの、集団ヒステリーや集団リンチ、いじめはなくなっておりません。これは人間が集団をつくるという機能を人間が持っている以上、なくならない問題ともいえるし、課題ともいえます。

戦争だとか、疫病だとか、危機を感じる時に、人間は絆を強めようとします。そういうときは集団が個人よりも優先されます。ナチスドイツや、戦時中の日本もそうでしたし、文化大革命時代の中国、今日のコロナ騒動もそうでしょう。そうして集団の足を引っ張たり、ルールを破ろうとする人に対して攻撃をすることが、みんなのための正義だという考え方になりやすいのです。

時々、いじめを肯定するも意見も出てきますが、それは集団の秩序を守るためやむを得ないという認識なのでしょう。

『はだしのゲン』に出てくる鮫島伝次郎は、ゲン親子を攻撃することが、お国のためだとマジでおもっていたのですね。実際は、戦争を早く終わらせ、外国と仲良くしたほうがいいというゲンの父親の意見のほうが正しく、鮫島の言う通りの道を進んでいたら、間違いなく日本は、外国、たとえばソ連などの領地になっていましたね。もし、そうなったら戦争を反対したゲンの父が愛国者で、鮫島が売国奴でしたね。

自分たちの正義の行動と思っているものに対し、本当にそれは正義なのか?じぶんがやっていることは正義中毒ではなく、本当にみんなのためになっているのか?それをよくよく考えないと、人を傷つけたり、最悪人を死に追いやってしまうことも。

4 当事者の問題にしない
 魔女狩りによって魔女達は徹底的に弾圧されましたが、魔女が絶滅したわけじゃありません。以前、何の番組かは忘れたのですが、21世紀の今もスコットランドにいる魔女がテレビで取り上げられました。魔女と言っても、テレビに出てきた女性の見た目は童話にでてくるような魔女とは明らかに違います。どう見ても、普通のおばさんでした。

現代の魔女はハーブやパワーストーン、アクセサリーなどを売ったり、占いをして生計を立てているようです。

また、その魔女さんは「かつて魔女達は、産婆さんばもしたり、薬を売ったりと色々と人々に役立つ事をしてきたが、悪魔の使いという汚名おめいを着せられ、ヒドイ弾圧を受けてしまった」と残念そうに語っていました。

魔女たちは汚名を着せられ迫害されましたが、魔女たちはそれに抵抗する術もありませんでした。なにしろ、相手は強大な権力をもってたり、集団てまやって来ます。だから、怖くて抵抗もできない。抵抗できないから、相手はさらに図にのってエスカレートします。魔女のレッテルがはられた人物が一人処刑されると、また別のターゲットをみつけ迫害されます。そんなことが10年どころか200年以上続いたのだから恐ろしい。

「女王の教室」の鬼教師の「(人間は、人をいじめることに喜びを感じるから)大事なのは自分たちがそういういじめにあった時に、耐える力や解決する方法を身につける事なんです。」という台詞があります。要するに当事者同士でなんとかしろということ。僕は、これは半分は正しいが、半分は間違っていると思います。イジメがあっても、「仕方がない」と放置するなんて。ましてや耐えるなんて逆効果です。魔女狩りは為政者も周りの人間もそんな態度だったから200年以上続いたのですよ。

「魔女狩り その4」の記事でも取り上げましたが、バンブルクというドイツの街でゲオルク2世という司教が猛烈な魔女狩りを行っていました。それでバンブルクの住民は周辺の都市の有力者に助けを求めに行ったのですね。幸い周辺都市の有力者たちは、バンブルクの住民を助けてくれて、それがゲオルク2世の失脚にもつながりました。もし有力者たちが「耐える力を身に着けたり、自分で解決しろ」なんて言ってたら、バンブルクの街でさらに犠牲者は増えただろうし、猛烈な魔女狩りもゲオルク2世が死ぬまで続いたでしょうね。

僕の学生時代の恩師は、イジメにたいして非常に厳しい態度で臨みました。僕もイジメにあいましたが、自殺せずにすんだのは先生のお陰です。

イジメとか集団ヒステリーは本人もしっかりしなきゃいけないが、当事者同士で解決するのは非常に困難です。結局、魔女狩りも当事者同士で解決できず、外的要因や魔女狩りの第三者的存在が声をあげたりして、なんとか収まったのですね。

※ 参考
NHK BS 『ダークサイト・ミステリー』